2006年12月31日

2006年もあと少し。金沢・太陽めがねをご愛顧いただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


2006年もいよいよあと少しとなりました。(2日もブログをさぼってしまい申し訳ありません。)
今年も金沢・太陽めがねをご愛顧いただき本当にありがとうございました。

今年は新店舗に移転して1年が経ち、地元のお客様を始め、新たに多くのお客様と接することができました。
また、1年を通して創業30年記念セールを行わせていただき、月代わりで当たる「鳴和で見つけたプレゼント」企画など、こちらも多くのお客様にご来店いただきました。
本当にありがごとうございます。


1年を通しての最終プレゼント「和倉温泉加賀屋」のペア宿泊券は年明けに抽選を行いまます。当選の結果はこのブログでも知らせしますので、対象の方々ご期待くださいね。

さて、2007年も太陽めがねはお客様に「快適で安心して使用できるメガネを提供することにより、お客様と将来にわたるお付き合い」を目指し、品揃えを始め、接客・加工・商品知識など視生活のアドバイザーとして更なる向上を目指していきます。
どうぞ、2007年もよろしくお願いいたします。

なお、2007年は1/3 10時より営業を行います。
ビックリの新年特別企画をご用意しておりますのでご期待くださいね♪
posted by 太陽めがね at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | talk/地域ネタ雑談等

2006年12月28日

ついに金沢にも雪が…積もってしまった

image/taiyomeganeblog-2006-12-28T20:03:09-1.jpg
全国的に天気が荒れているみたいです。
先日は太平洋側で爆弾低気圧が発生し、大変だったみたいですが、今日は日本海側が荒天に。

その結果ついにここ金沢でも夕方から今年初めての本格的な積雪となりました。
年内は雪は降らないだろうなぁ〜と思っていたのですがいざ降ってくると「あ〜12月だな・年末だなぁ」と思うものです。
さぁ今年も残り3日、雪で滑って怪我などしないように気をつけて楽しい新年を迎えましょうね

posted by 太陽めがね at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | talk/地域ネタ雑談等

2006年12月26日

金沢・太陽めがね。kodak・コダックの偏光レンズのカラー紹介その3

kodak.jpg
CA310245.jpg

先日からご紹介のkodak・コダックの偏光レンズシリーズ。今日、ご紹介するレンズカラーはブラウン系の2色。「マロンブラウン」と「テンダーブラウン」の2色を一気にご紹介です。

まずは、「マロンブラウン」から
レンズ濃度は85%とストレートグレー同様、濃さは結構濃いのですが、見た目はグレーより優しく見えると思います。
続いて「テンダーブラウン」ですが
レンズ濃度は70%と薄く、テンダーグレー同様、目が見える程度の濃さです

ブラウン色はグレー色とは違い、色調を均一に下げたりと言う事はありませが、目に優しい自然な視界となります。

用途として「アウトドアやフィッシング、ウォーキングやハイキング」などに適しています。ブラウン系は日本人の瞳の色や顔の色と相性が良く長時間の使用にも無理がありません。

透過率表を見ると、グレー色とは違い、可視光線を平均的に吸収するというものではありません。400nm〜600nm付近までの短波長帯、色で言うと青や緑〜黄色に掛けてをカットします。短波長は一般的にちらつきを感じる波長といわれており、そこをカットする為コントラストが向上すると思われます。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


金沢・太陽めがね・年末の営業案内
年内は30日まで営業いたします

2006年12月25日

年内にメガネが欲しい!明日がポイントです

care.jpg

クリスマス・イブだな〜と昨日思い、歌でもあるように「♪もう、いくつ寝ると〜お正月〜♪」だな〜と店内のクリスマス飾りの片付けを見ながら思っていたのですが、気がつくと本当に今年も残すところ数日となりました。

今年の金沢は暖かく、白い雪も一回もお目にかかっていないので、本当に12月?
なのかと勘違いしてしまうほどの陽気で、気分的に正月を迎えるというワクワク感というか、切羽詰った感じがなかなか出てきません。

ですが、世間はしっかりお正月に向けての準備に入っており、メガネの製作においても、メーカーからのレンズ納期もそろそろ年内が難しい状況に入ってきました。

その、メガネについてですが年内のお渡しとなると明日がポイントになります。
レンズが無色の方や遠近や中近などのメーカー特注加工品で無い方はまだまだ、年内お渡しは可能ですが、
レンズにカラーを入れる方や強度の度数の方でメーカー在庫が無い方、
また、遠近両用メガネや中近・近々両用メガネの方などメーカーにて製作とな
る方は
「要注意!!」です

明日が、年内にお渡しできるギリギリの日になります。(一部レンズはすでに年明けになってしまいます)
また、メーカー発注の関係から16時までがギリギリの時間です。

折角の新年を明るく・きれいで・新しいメガネで迎えたいと思っておられる方は忙しい年末とは思いますが、お早めにご来店下さい。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


金沢・太陽めがね・年末の営業案内
年内は30日まで営業いたします

2006年12月24日

金沢・太陽めがね。kodak・コダックの偏光レンズのカラー紹介その2

kodak.jpg
tgr.jpg

先日からご紹介のkodak・コダックの偏光レンズシリーズ。今日、ご紹介するレンズカラーはグレーシリーズ2色目「テンダーグレー」という色です。

レンズ濃度は70%と昨日のストレートグレーよりは薄く、外側から見て目が僅かに確認できる程度の濃さです。

グレー色は昨日もお話した通り、色調を均一に下げてくれるので、赤・青。緑の三原色を正確に確認できます。

用途として「オールラウンド・アクティブスポーツ」など日常生活全ての場面でレンズが濃すぎず、いやみの無い使用ができると思います。

透過率表を見ると、ストレートグレー同様、可視光線を平均的に吸収する為、色調の変化は少なく、眩しさに対しても効果は高いと思われます。日常の一定の光を自然光に近い状態で提供してくれるレンズです。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


金沢・太陽めがね・年末の営業案内
年内は30日まで営業いたします

2006年12月23日

金沢・太陽めがね。kodak・コダックの偏光レンズのカラー紹介

kodak.jpg
stg.jpg

金沢・太陽めがねではkodak・コダックの偏光レンズを取り扱っているということは昨日のブログでご紹介しました。
で、今日かは偏光レンズカラー全7色についてご紹介したいと思います。
メーカーカタログからのご紹介になります。

今日ご紹介するレンズカラーは「ストレートグレー」という色です。
レンズ濃度は85%。これは、メガネを掛けない時など、何もしないで眼に100%光が入ってくるとすると、可視光線を85%カット(15%透過する)という事です。

サングラスにも濃度が薄い物から濃いものまで多彩ですが、85%という数値は見た目にも、掛けた感じも結構暗く見えるレンズ濃さです。

カラーはグリーン系の濃いグレー色で、
用途として「ビーチスイミング、ヨット、クロスカントリースキー」など日差しが特に強い場所での使用に適します。

透過率表を見ても、可視光線を平均的に吸収する為、色調の変化は少なく、防眩効果は高いと思われます。

もちろん波長400ナノメータ以下の紫外線はカットしています。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


金沢・太陽めがねテレビCM公開中→こちらです

2006年12月22日

偏光レンズとはどんなもの?KODAKの偏光レンズを金沢・太陽めがねでは取り扱い

koda.jpg

皆さんご存知のカメラで有名なkodak(コダック)ですが、実はメガネレンズも作っています。金沢・太陽めがねではkodak・コダック製のメガネレンズも扱っております。
kodak・コダックのメガネレンズは結構特徴があります!それは、何か?

kodak・コダックは「偏光レンズ」に強いメーカーなんです。もちろん、近視・乱視・遠視など全て可能の度付き偏光レンズです

ここで、「偏光レンズ」についてチョット説明。今回はわかりやすいように画像を用意しました。
[良く「偏光レンズ」を太陽に当たって色が変るレンズと思われる方もいらっしゃいますが、色が変るレンズは「調光レンズと言います。お間違えの無いように]


henk.jpg

私たちに眼に入ってくる光は地面からの照り返しや、ビルや車からの反射など、正面から入ってくるメインの光の他に多くの乱反射を同時に受けています。
つまり、欲しい光の他に邪魔な光も入ってくる訳です。
すると、ちらつきを覚えたり、眼が疲れやすくなったりする場合があります。
また、釣りなどをされる方になどは、特に水面からのギラツキが眩しいと感じる事が多いと思います。

こんなときに役立つのが「偏光レンズ」です。レンズ内部で光をブラインドのようなスリットで整流させることにより、邪魔な方向からの光はカットし、欲しい光のみを通してくれるという訳です。

この「偏光」の元となるのは、レンズの間に挟みこんである「偏光フィルム」のおかげ。kodak・コダックはフィルム技術で培ったノウハウを偏光フィルムの製作にも活用し、高品質な偏光レンズを作っているというわけです。

kodak・コダックの偏光レンズはカラーも豊富で全7色の中から用途に合ったカラーをお選びいただけ、さらにレンズ面のミラー加工も可能。
近視・乱視・遠視の方などの度付きも可能なので、自分だけの完全オリジナル偏光メガネが出来るというわけです。

レンズカラーについてはまた、後日ご紹介しますね。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


金沢・太陽めがねテレビCM公開中→こちらです

2006年12月21日

気がつけば、今年もあと少し、年賀状の印刷もしなくては・・

CA310239.jpg

気がつけば12月も20日を過ぎ、今年も残りわずかになりました。
それにしても今年の金沢は暖かい!去年の今頃は大雪で太陽めがね前の駐車場に大きな雪山がありましたが、今年は市内での積雪は無し。本当に過ごしやすい12月です。

皆さん何かと忙しいとは思いますが、太陽めがねの12月後半の恒例行事として、年賀状の印刷があります。お客様への新年のご挨拶として出させていただいています。
実はこの年賀状、昔は1枚1枚手書きで宛名を書いていました、親戚などにも頼んでそこそこの枚数書いてもらっていましたが、年齢的にもきつくなってきたので、今はパソコンで印刷を行っています。

今年も印刷所から出来あがったものを写真のように印刷しています。

年賀状の内容は「ビック」な企画なのですが・・・
それはまた後日お知らせしますねわーい(嬉しい顔)

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


太陽めがねテレビCM公開中→こちらです
posted by 太陽めがね at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | service/当店のサービス

2006年12月19日

大きなメガネケースが無い!と思われてる方。安くて良いのあります

大きなサングラスや最近流行の大きめの樹脂製フレームなどをお持ちの方の中には「なかなか良いメガネケース」が無いな〜。との声を聞きます。
これは、フレームなどが大きくて普通に販売しているメガネケースでは入りきらない方が多く、無理やりケースに入れたり、強度的に弱くなるのを覚悟で袋タイプのケースを使っている場合が多いです。

しかし、安くて大きなケースが金沢・太陽めがねに登場しました。
それは、これ!
CA310236.jpg

一見すると普通のメガネケースですが、横から見ると・・・
CA310236.jpg
「じゃ〜ん!」
厚みがこんなに違うんです。

素材はプラスチック製で表面はスケルトンタイプになっており、中に入っているかどうかも一目で確認できgood
おまけに価格も¥300とこちらもgoodです。

もう少し、かっこいいのが良いな〜という方にはこちらもあります
CA310238.jpg
有名ブランドサングラスの専用ケースのような雰囲気でグレード感もUP。
こちらも¥700とお手ごろです。

さらにこだわりたい方は・・・太陽めがねまでご相談ください。
とびっきりをご紹介します

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


太陽めがねテレビCM公開中→こちらです

2006年12月17日

今年最後の資源回収(古紙回収)。天気が心配でした

CA310235.jpg

今日は太陽めがねがある、金沢市森山小学校校下の資源回収(古紙回収)でした。集めた古紙のお金は校下の子供たちの為に使います。
集めるのは古新聞・古雑誌の他にダンボールやアルミニウム缶、一升瓶など多彩。地域の皆さんのボランティアで支えられて成り立っています。

1年に全4回あるのですがこの12月が一番キツイ季節。この資源回収は雨でも雪でも回収業者の都合上中止が難しいため、寒い中お手伝いしてくれる子供達と一緒にふるえながら行う事も多いのです。

今年も昨日の晴天と暖かさから打って変わって、例年どおりの悪天候。朝から冷たい雨が降る中での作業でした。
今回はこれまでと違い2トントラックを3台使用し、いっぱいになったら集積場に運びというピストン輸送を行った結果、これまでよりスムーズに作業が終了。
合計すると2トン車4台分の資源が集まりました。

今晩からいよいよ冬将軍がやって来ると天気予報では言っています。
いよいよ金沢の地面にも雪が積もることになりそうです。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


太陽めがねテレビCM公開中→こちらです
posted by 太陽めがね at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | talk/地域ネタ雑談等

2006年12月16日

ポールスミスの新作メガネフレームが金沢・太陽めがねに入荷!

CA310234.jpg
CA310233.jpg

久しぶりにポールスミスの新作メガネフレームが金沢・太陽めがねに入荷しました。
今回も製造の関係上なのか注文分は一度に来なくて、少しずつ(今日は2本)の入荷です。
その中から太陽めがねブログでご紹介しようと思ったのはこの1本。

写真ではわかりにくいのですが、太陽めがねのポールスミスのメガネフレームでは始めてのフロントチタン一体成型モデルです。

通常のメガネのフロント部分はレンズをはめる部分とテンプルをつなぐ部分や、右と左のレンズを繋いでいる渡りの部分(ブリッジと言います)など数点のパーツを溶接して、1つのフロント部としています。

しかし、これは最近のメガネでは結構見かけるようになったのですが、フロント部がチタンの1枚板をくり抜いて成型したモデル。
何が良いかと言いますと、「強度が格段にUPする」というのが第一でしょう。溶接では無く、金属そのものなので、折れたり、溶接がはがれたりということは通常の使用ではまず考えられません。
また、素材をリッチに使う。ということも特徴です。型抜きなので、くり抜いた後の部材のロスが多い・・・リッチです。

フレームカラーはブラック。テンプル部分は樹脂製になっていまして、外側は黒、内側は茶系のグラデーションいなっています。
また、フロント部にはさりげなくポールスミスのロゴも。どこに入っているかは実際に見ていただき、確認してくださいねフリーダイヤル

もちろん、専用メガネケースとメガネ拭きが付属

ちょっと、キリッ!としたポールスミスのメガネフレームです。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


太陽めがねテレビCM公開中→こちらです

2006年12月15日

午後から金沢商工会議所へ。浅野川「小橋」では鴨?が楽しそう

CA310231.jpg

CA310232.jpg

今日は午後から金沢商工会議所に行ってきました。金沢商工会議所は金沢市の中心にあり、兼六園や尾山神社のすぐ近く(すぐ隣)にあります。
実は、私は今回始めて金沢商工会議所に行ってきました。

今回行ったのは、来年度から開始予定の「easy coupon」(いーじー・クーポン)の説明会。
この「easy coupon」(いーじー・クーポン)、金沢商工会議所に会員とその従業員・家族向けに「ホットペッパー」のようなクーポン雑誌と作るというもの。もちろろん掲載は会員企業で割引や特典などを載せ、会員企業やその家族に使っていただこうという趣旨だそうです。

価格も安い?方かな。webで、特典券を印刷する仕組みになりますです。
商工会議所にしては珍しい取り組みですね。

金沢商工会議所(クーポンは来春予定です):http://www.kanazawa-cci.or.jp/

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


太陽めがねテレビCM公開中→こちらです
posted by 太陽めがね at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | talk/地域ネタ雑談等

2006年12月14日

金沢・太陽めがねの30年記念当選者へのお渡し。クリスマスが近いのでポインセチアとシクラメンです

P1020104.JPG

ついに、残り少なくなった金沢太陽めがねの30年記念セール。毎月鳴和で見つけた素敵な物をプレゼントしていますが、11月の当選者の方に商品をお渡ししました。
今回の商品は季節柄クリスマスも近いということで、鳴和交差点そばにある「フラワー&ギャラリーかどむら」さんにお願いしてクリスマス用のフラワーを作ってもらいました。

お願いしたところ綺麗なバスケットにポインセチアとシクラメン、緑が綺麗なゴールドクレストの鉢を入れていただきました。

そのままでも綺麗ですし、分けても綺麗ですねひらめき

さて、ついにラストの12月はやちや酒造さんの「特選大吟醸」をプレゼント!そして、和倉温泉「加賀屋」のペア宿泊券が当たる大チャンスもあります。
太陽めがねでお待ちしております。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします
posted by 太陽めがね at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | anniversary/30年記念

2006年12月13日

午後からお休みで、何をしたか?

今日はお店はやっていましたが、午後からお休みをもらいました。
で、何をしたかといえば・・・

お昼を食べて、まずは、「歯医者」に。前から妻に「歯医者に行って!」と強く言われており、仕方なく行くことに。
歯医者にはもう10年近く行っていないかもしれません。歯医者はあの「音と独特の匂い」がイヤで行きたくなかったんです。
診察の結果は虫歯は2本と歯石があるとのこと。しばらく治療に通うことになりました。

つぎは、お店で使う物の買い物に。お客様に出すコーヒーや、年末の掃除用品など日用品の買出しに行ってきました。

その後は、妻の長靴とコートを見にショッピングセンターへ。そして、晩ご飯を孫入し帰宅しました。

休みといってもこんな感じでした。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお卒いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お卒いします
posted by 太陽めがね at 20:07| Comment(0) | TrackBack(1) | talk/地域ネタ雑談等

2006年12月12日

ついにラスト!?あの、ヨン様のメガネ。ポールスミスのメガネ(PS-400 CCDB)

400.jpg

P1000733.JPG


金沢・太陽めがねではポールスミスのメガネフレームを取り扱っております。ポールスミスのメガネと言えば、主張しすぎない上品なデザインとメガネとしての掛けやすさでも人気がありますが、一方で、韓国の俳優ペ・ヨンジュンさんの冬のソナタの「ヨン様メガネ」と言って方が有名かもしれません。

この、「冬のソナタ・ヨン様モデル」品番をポールスミスPS-400 カラーをCCDBというのですが、この度太陽めがねに入荷しました。

聞くところによると、発売から結構時期が経っておりメーカーの在庫は無いに等しいとのこと、もしかしたら、これが最後のご紹介になるかもしれません。

もちろん、写真のように専用ケースとレンズ拭きもついています。

PS-400の在庫状況はこちら

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


太陽めがねテレビCM公開中→こちらです

2006年12月10日

Pinky&Dianne(ピンキー&ダイアン)の2007年新型サングラス

CA310230.jpg

CA310229.jpg

Pinky&Dianne(ピンキー&ダイアン)の2007年新型サングラスが金沢・太陽めがねに入荷しました。

今年のモデルもピンキーらしい「COOLでSEXY」かつかわいらしさも兼ね備えたサングラスになっています。
レンズカラーもピンクの他にブラウンやグレーなどがあり、さらに、レンズ表面が少し反射するソフトミラー加工が施されています。

もちろん、UVカットもほぼ100%(紫外線透過率1.0%以下)、オシャレな黒の専用ケースとロゴ入りショッピングバッグがついています。

レンズの形やテンプルのデザインが違うモデルなど写真以外にも入荷していま〜す

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


太陽めがねテレビCM公開中→こちらです

2006年12月09日

あれ?どうなっているの?かわいい。トリックメガネケース

pingu.jpg

ちょっと変っていて、かわいいメガネケースのご紹介。
このメガネケース、画像だとわかりにくいのですが、メガネを入れるために、蓋を開けると通常の物と違い、フタの部分がクルット1回転します。
すると、どうでしょう♪なんと、ケースの模様が全く違う柄に替わってしまうんです!!
その名も、トッリクケース。

お子様を始め、大人の方も本当に不思議に思います。

画像だとほんとにわかりにくいのが残念・・

ピングーの他ミッキーマウスやミニーマウス、プーサンバージョンも出ています。
お友達や家族などに見せると、1個で2度、3度と楽しい気分になれますよ。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


太陽めがねテレビCM公開中→こちらです

2006年12月08日

「世界一の薄型」メガネレンズはどんどん進化していきます

zx-as-dm.jpg

強度の近視の方ですとレンズの厚みを気にする方が多いと思います。
また、出来上がったメガネを見たときに店頭に並べて合った時のフレームのイメージと違う。と思われることもあると思います。

そんな方にお勧めしたいメガネレンズが発売されています。
「世界一の薄型レンズ」屈折率1.76、東海ZX-ASです。

今までの、プラスチックメガネレンズの最高屈折率はニコンやカールツアイスなどが出している1.74が精一杯で、これを超えるメガネレンズは当分発売されないだろうというのが眼鏡店の意見でした。
これは、素材として屈折率を上げるのは簡単なのですが、メガネレンズとしての明るさや光の透過率、色のにじみ、耐久性などを考えると製品化は難しいのでは?と言われていたからです。

しかし、愛知県の東海光学という、眼鏡レンズ専門メーカーNO.1の会社が他社に先駆けてこの難題を解決し発売したのです。

これで、プラスチックメガネレンズは屈折率(厚みの違い)からベーシックな1.50素材から、1.56、1.60、1.67、1.70、1.74、1.76と素材の違いだけで実に7種類にもなるわけです。

これに、さらに設計の違い(球面や非球面、両面非球面)やコーティングの違い(UV加工や撥水コート、耐傷防止コートなど)も含めると本当にたくさんのメガネレンズが市場にあり、お客様が選べるという環境です。
(こうなるとどんなレンズを選べば良いのかは店員さんから、しっかりと説明を受けて納得したレンズを購入くださいね)

このZX-ASは耐傷防止加工が標準装備。とにかく薄くて、軽くて、傷が付きにくいレンズをお求めの方には最適のメガネレンズだと思います。

また、この東海光学はガラスレンズもすごいんです!!
度数だとピント来ないかも知れませんが、ガラスレンズの超薄型屈折率1.9タイプで「S-28.00」まで製作可能。
ほんとに強度近視で苦しんでいる方に「少しでも見える」という喜びを与える事が出来るかも知れません。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


太陽めがねテレビCM公開中→こちらです

2006年12月07日

遠近両用は万能ではない?解決策は中近(ちゅうきん)や近々(きんきん)両用がお勧め

ある程度の年齢になると、眼は近くの距離が見えにくくなります。(いわゆる老眼です)
この現象は病気では無く、誰にでも起きます。なぜ老視になるかを簡単に説明すると、眼の中にはピントを合わせる水晶体というレンズの役割をするものがあります。これを周りの筋肉が引っ張ったり、緩めたりして、水晶体自体を伸び縮みさせます。こうして眼から入ってきた遠くの物や手前の物からの光を網膜で上手く結像させ、ピントを合わせています。

しかし、この引っ張ったり、緩めたりする筋肉が長年の働きで弱り、また、水晶体自身も硬くなってきて、水晶体の伸び縮みが出来にくくなり、手元が見えなくなると言うわけです。

そこで、メガネの必要となるのですが、いわゆる老眼鏡は手元が見えますが、ちょっと顔を上げると遠くの景色が「ボ〜ッ」としてしまいます。
そこで、良く聞く「遠近両用メガネ」となるのですが。

ここで、遠近両用レンズについて、
遠近両用メガネを販売する際、太陽めがねでは「遠くから近くまで見えますが、万能では無いですよ」とお話します。なぜか?遠近両用レンズは基本的には「遠くを見る為に作られたレンズ」だからです。
遠近両用レンズは設計上、遠くがはっきり見えるように作られています。これは、常用していただく際、手元の部分を多くとってしまうと視界の邪魔になるからです。
この事から太陽めがねでは遠近両用は万能ではなく、「遠くを見えるメガネを買ったらおまけで手元も見えます」くらいの気持ちでいて下さいね。とも付け加えています。
実際、遠くは良いのですが、手元から2〜3mぐらいまでは、ちょっと見えにくくなってきますし、姿勢もあごを突き出し、レンズの下の方を目線が通るようにして使用しなければならなくなります。

そうすると、「こんな姿勢では手元の作業や室内での作業は出来ないじゃないか!!」とお叱りも受けます。

やっと本題になりましたが、ここで、「中近両用」(ちゅうきんりょうよう
)や「近々両用」(きんきんりょうよう)の出番となるわけです。
この「中近」や「近々」は字の通り、中間距離(2〜3m)から手元、もしくは、1.5m〜手元までがはっきり見えるように作られたメガネレンズです。
ennkinn.jpg

遠近は1枚で「遠・中・近」の距離を見なければいけない欲張りなレンズな為、レンズに収差なとの負担が掛かります。そのため、中間から近用に掛けて見える範囲は狭くなります。
一方の「中近・近々」は遠用を省く為、欲張り具合は少なくなり、結果、視野も広くなります。また、あごを突き出さしたり、メガネを上げ下げしなくても手元の部分は快適に見る事ができるようになります。

ですからご自宅や職場など、遠くははっきり見える必要が無く、かつ、事務職や裁縫、新聞を読むなどどちらかというと手元を見る作業が多い方には遠近より「中近・近々」が使いやすいという場合が出てくるわけです。

ぱた、「近々レンズ」はまたの名を「パソコン用」メガネとも言われています。キーボードは普通の老眼鏡で見えるけど、モニターが見えにくい・・・
こんな方には本当にお勧めです。快適さが「ガラッ!」と変ります。

太陽めがねではいつでも、遠近はもちろんのこと、中近や近々両用をお試しいただけます。無料ですので、お気軽にお問い合わせ・ご来店ください。お待ちしております。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


太陽めがねテレビCM公開中→こちらです

2006年12月06日

球面・非球面・両面非球面メガネレンズの最高峰は両面非球面カスタムメイド「ニコン・シーマックス」

see.jpg
皆さんメガネ店でメガネを購入する際、メガネレンズには様々な種類があるな〜と思われると思います。

大きく分別をすると、まず、「ガラス」か「プラスチック」か?現在、メーカーの出荷ベースでは9割以上がプラスチックレンズになっています。ただ、ガラスも傷や熱に強いということから土木関係の方を始めとして、根強い人気があります。
次に、「単焦点」か「遠近両用」か?単焦点とは字の通りレンズ1枚に1つの度数があるもので、近視や乱視、遠視や老眼など用途が1つ(ピントの合う距離が一定)
で使用します。
遠近両用レンズは1枚のレンズに度数が複数入っているもので、1枚のレンズで遠くや近くなどを見る事ができます。また、最近では室内で快適に使える「中近両用」(ちゅうきんりょうよう)や、パソコンなどの作業に最適なちょっとそこまで見える老眼鏡「近々両用」(きんきんりょうよう)など多くのレンズがあります。

その中で今日ご紹介するのは単焦点メガネレンズです。この単焦点もレンズの設計の違いにより「球面」「非球面」「両面非球面」の3種類があります。
一般的にメガネレンズはレンズの光学的な中心から遠くなるほど、歪などの収差と呼ばれるゆがみが発生します。
このゆがみを極力なくすることが長年のレンズメーカーの目標です。
球面より非球面そして両面非球面になるにしたがって、ゆがみは少なくなります。

各社両面非球面を出していますが、「ここは違う!!」というのはやっぱり「ニコン・シーマックス」です。
光学機器メーカーであるニコンが企業としてのすべてを注ぎ込み、お客様の度数だけで無く、使用するフレームの形なども含めて1枚1枚設計・製造を行います。

この結果、隅々まで視界クッキリになり、特に乱視には画期的な性能UPが実現。快適な見え心地を提供します。

詳しい説明はニコン・シーマックスホームページをご覧いただければと思います。
ニコン・両面非球面シーマックスホームページはこちら

※この最高級レンズを生かすも殺すも眼鏡店の腕次第と言っても過言ではないと思います、度数の測定からレンズレイアウトのセッティングなど専門技術があるしっかりとしたお店でお買い求め下さい。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします


太陽めがねテレビCM公開中→こちらです