2007年01月12日

太陽めがねの「家宝!?」お正月にしかお目にかかれません

去年もブログでご紹介したのですが、金沢・太陽めがねにはお正月にだけお目にかかれる「家宝」とも言うべき品があります。
それがこの「獅子頭」です。
CA310251.jpg

この獅子頭は彫刻で有名なお隣、富山県の井波で作られたものです。
太陽めがねにやってきたのが今から10年以上前のこと、先代である父が何を思ったか突然買ってきたそうです。
大きさも結構大きいのでさぞかし高かったと思うのですが、聞くところによると母も、幾らかは教えてもらえず、「ボーナスが無かった・・」と言っていました。
ま、景気の良い時代でしたのでパッとみて思いつきで買ったんだと思います。

それから毎年、お正月期間と折角だからということで1月いっぱい店頭に飾ってきました。旧店舗時代はショーウインドに新店舗ではカウンター後ろにしっかりと鎮座しております。
昨日はお客様に「さすがメガネ屋さんね〜眼に力がある」とお褒めの言葉をいただきました。

ただ、意外なのは来る人、来る人が「あら、立派な獅子頭やね〜。前からあったん?」と聞かれる事。

太陽めがねに来て10年以上たち、お正月に来て頂いているお客様の結構な方がそうおっしゃいます。

もう、飽きてきたかな?と思っていたのですが、まだまだ行けそうです。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします
posted by 太陽めがね at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | service/当店のサービス