2007年01月26日

ついに登場!鯖江発手作りメガネフレーム。必見です

先日このブログでもご紹介した鯖江からの素敵な訪問者から待望の新作フレームが届きました!!

それがこちら
CA310262.jpg

このフレームが何ですごいかと言いますと。このフレーム、どう見ても「木(WOOD)」で出来ているように見えますよね?

ところが、このメガネフレームは一般的なプラスチックフレーム同様に樹脂から出来てるんです。

ここまでの風合いを出す為の工程といったらそら、大変なもの。
すべて手作業での色付けと削りを行い、それを何回も、何回も行ってこの風合いを出すそうです。また、この作業は現在、夫婦2人でだったかな?行っているため大量生産は出来ません。

1本1本にシリアルナンバーも入ったとても手の込んだ作品です。

では、なぜ「木」ではなく、樹脂なのか?
「木」で作られたメガネフレームは以前から作られています。しかし、太陽めがねではこれまで仕入れ・販売を行いませんでした。
それは、第1にメガネとして重要な「調整が出来ない」(調整しにくい)から。
いくらデザインが良くても、品物的に良いものでもメガネ掛ける人に合った「調整」が出来なければメガネとしては失格であると考えています。
第2に「価格が高い」
第3に「汚れがつきやすい、折れると修理不能」など
があります。
天然木は希少性や工程の難しさからどうしても価格が高い!それなのに、調整はしにくいし、汚れるし(これは風合いがてで良いのですが)、万が一折れてしまえばそれで「パー」なんて、いけません。

ところがこのフレームはその欠点を補ってくれるのです。
木の風合いは本物ソックリで、価格は「木」の物より安い。汚れの風合いは本物のように付くと思いますし、折れても再生が可能(修理が可能)です。

この、メガネフレームちょっと見てみて・実際に掛けて見る価値はありますよ。見に・試しに掛けに太陽めがねでお待ちしております。

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします