2007年09月26日

ちょっとおしゃれな遠近両用メガネ。遠近両用に見えないメガネ

遠近両用といえば、おじさん・おばさん臭く見えてしまう。なので、遠近両用メガネは掛けたくない。
結構聞く言葉です。

遠近両用メガネが必要になった言うことは、手元が見えにくくなったから(=老眼)と認めることになりますし、出来ればメガネを掛けたくないという思いは良くわかります。

ただ、眼鏡技術者の立場で申しますと、それは、間違いです。手元が見づらいのに無理して裸眼でみると、疲れの原因にもなりますし、作業の効率も悪くなります。無理して、苦労して生活するよりはメガネを掛けた方が本当に楽です。また、メガネを掛けたからといって老眼が進むということはありません!!
また、遠近両用メガネは苦労して苦労してやっと掛けると慣れるまでに結構時間が必要なメガネです。これも、少しでも早くから掛けることで非常に慣れやすく、快適なメガネになります。

ただ問題が・・遠近両用メガネはおしゃれで無い。大きなメガネで無いと出来ない。
でも、それは、間違いです。
最近は遠近両用メガネレンズも改良され、大きなメガネフレームで無くても快適に使えるようになりました。
また、フレームも遠近両用に対応したおしゃれなものが出ています。
HI3A0047.JPG

写真の商品も遠近両用に対応したメガネフレーム。
made in japan鯖江で造られたメガネフレームですが、デザインとカラーリングが特徴的です。

HI3A0046.JPG

写真左下にプラスチックの板が見えると思いますが、このプラスチックの板がレンズの型です。この型に沿ってレンズを削るのですが、このフレーム、この型通常メガネ用と遠近両用メガネ用の2枚付いているんです。
(遠近両用メガネ用は通常メガネ用よりレンズ高さが高くなっています)
通常のメガネとしても十分にオシャレなフレームを遠近世代の方にも掛けていただきたい。ちょっとした工夫ですが、なかなか出来ないことでした。
親子で色違いの同じメガネを掛けるとか?ちょっと良いと思いませんか?

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
ポチッと1発お願いします