2008年05月23日

太陽めがねに「深」兵器登場。なぜ「深」か?それは深視力計だから

太陽めがねに新しい機械が導入されました。
それは「深視力計」といわれるものです。

深視力は大型自動車免許や2種免許に必要なもので、通常の視力検査と違い、見えればOKというものではありません、眼の「遠近感や立体感を感じる能力」のことです。

当然基準もあり、道路交通法では
「三桿法の奥行知覚検査器で2.5mの距離で3回検査し、平均誤差2CM以下(立体視差40")」となっています。

この基準をクリアしないといけないのですが、これまで当店にはこの機械がありませんでした(これと代用できる物が別にあったので)

しかし、この度知り合いのお店さんが、「もう使わなくなったので太陽さんに差し上げます」ということでうちにやってきました。

ではどんなものなのか?
HI3A0350.JPG
本体・外観はこのようなものです。

内部が覗けるようになっており、中は

HI3A0351.JPG

このように3本の棒が立っています。
この3本の棒のうち真ん中の棒のみが奥に引っ込んだり、前に出てきたりします。
被験者は離れてこれを見て、3本同時に並んだな。と思うところで手元のスイッチを押します。
この時の並びの差を見るわけです。

これで、大型免許もバッチリ!?です

ご覧頂きありがとうございます
ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。

ポチッと1発お願いします

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15241649
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック