2008年06月17日

べっ甲メガネフレームだけではありません。太陽めがねは18金(K18)メガネフレームも得意とします

金沢・太陽めがねは地元のお店として長年営業させていただいておりますが、べっ甲と共に、これまた先代からの得意商品の1つに18金(K18)メガネフレームがあります。
べっ甲フレームについてこちらです。
http://www.taiyomegane.com/goods/megane/cat19/

高額なメガネの種類としてはべっ甲や、18金、宝石付き、水牛などの天然素材を使用したもの、などなどありますが、太陽めがねはべっ甲と18金(K18)のメガネを得意としております。

最近の金高騰により太陽めがねの店頭商品も本来は値上げしたいところですが、そこはそのまま。今となってはとてもお買い得な価格(10万円前半〜)になっております。


P1000055.JPG

18金(K18)の前に純金(24K)のメガネは無いの?という答えですが、無いことはないかもしれませんが、基本的には強度が弱くなる(純金だと柔らかすぎてメガネとして強度不足)ためほとんど無いと思います。
また18金の他に14金(K14)のメガネもありますが、こちらは混ぜ物の関係で黄色ではなく、白色になることが多いです。

金の特徴はなんと言ってもその「輝き」と「耐久性」です。
「輝き」については言うまでもありませんが、「耐久性」についてはメガネとして非常に理にかなった素材だと思います。

金は使用しても汗などでの腐食はほとんど無いです。
毎日、毎日ハードな環境で使われるメガネ(汗にあたり、整髪料にあたり、水にぬれ、暑さ・寒さも体験する)はいくらチタン素材と言えども、どうしても腐食して痛んできます。

しかし、18金(K18)はそれがありません。使っていただいてもずっときれいなままです。
もし、くすんできても磨けば元の輝きが戻ります。

また、もしもの時の破損も問題なし!金なので修理可能です。
(指輪やネックレスなどと同じですね)

というわけで太陽めがねの販売コレクションをご紹介

ご婦人用コーナー
P1000054.JPG

P1000060.JPG

ミラションの18金フレームはレンズデザインの美しさとフレームそのもののデザインの良さで人気です。

P1000059.JPG


P1000058.JPG

ご婦人向けはフチナシやハーフリムタイプが「いやらしく」無くお勧め♪

紳士用ももちろんご用意
P1000056.JPG

P1000057.JPG

男の方はおしゃれにもなりますが、風格が出ますね!
良いものを身に着けているという自信も付くのでしょうか、「どっしり」としたオーラを感じるほどです。

最近はお若い方(30代後半〜)の方も細めのシンプルな18Kフレームをご利用なさる方も増えています。
やっぱり本物は良いですからね。

普通のメガネで金色の物と見た目は変わらないんじゃないの?と思った方。
実際に見ると全く違います。
私なんかは仕事柄、テレビでメガネを掛けている方をつい見てしまいますが、やっぱり金やべっ甲のメガネを掛けている方は直ぐにわかります。

ご自身のご褒美や記念日などでの購入はもちろん、プレゼントにもよろしいかと思います。
太陽めがねでお待ちしております

ご訪問ありがごうございます。
ブログランキングに参加中!応援よろしくおねがいします<(_ _)>

ポチッと1発お願いします

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16106474
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

関連する記事を集めています
Excerpt: 関連する記事を集めています
Weblog: エルセーヌMEN 口コミ集8
Tracked: 2009-03-27 03:07